加湿してお肌のっ保湿を

お肌のトラブルはいつだって悩みの種です。いろいろあるお肌のトラブルの中でも、典型的なものと言えば、脚などの乾燥、かゆみ、ひび割れと言ったところです。その原因もいくつか考えられますが、皮膚に関する病気を除けば、室内の乾燥しすぎというケースがほとんどです。

 

特に冬場、暖房機器をつけていることもあって、室内が非常に乾燥しやすいです。部屋が乾燥しすぎることで、お肌の潤いが失われて、血流悪化、皮脂の分泌不良、お肌の乾燥、そしてその悪循環からお肌のかゆみが出てくる結果となるわけです。そこで、加湿器を使う、やかんやなべでお湯を沸かすなどして室内を加湿して、湿度を上げるようにしてください。加湿をしすぎると、部屋の結露やカビが気になるところでしょうが、乾燥しすぎで、お肌にトラブルを抱えてしまうよりはいいでしょう。結露やカビに対しては別の対策で防げますから。

海01

しかし、部屋の加湿はお肌の乾燥、かゆみの予防には効果を発揮しますが、すでに乾燥し、出てきてしまったかゆみの対策としては十分ではありません。そこで、ハンドクリーム、保湿クリーム、美容オイルといった美容アイテムを使ったり、脚などに症状が出ている部分を冷やさないように温めると言ったお肌そのもののケアを欠かさないようにすることが大切です。

コメントは受け付けていません。