刺激を避ける重要性

よくある話ですが、脚やすねなどがかゆくなり、そこを爪で搔いてしまうことがあるでしょう。そのような行動はできるだけしないようにしてください。それでは肌を傷つけて逆効果になることでしょう。特に、乾燥肌ですと場合によってはダメージが大きく出てくることもありますので注意です。乾燥したり、かゆかったりすると条件反射的に爪を立てて目標を搔いてしまう場合がありますが、これが良くありません。もしも搔いてしまうとそこのダメージが出て場合によってはもっとかゆみが出てくることがあります。肌も傷つくのでできるだけ触らないのが良いでしょう。しかし、どうしてもかゆみを抑えたい場合は爪を立てずに指の腹で掻くようにしてください。そうすれば肌を傷つけずに済ませることができますね。乾燥して皮膚が取れやすくなっている場合も、同じように触らないのが良いでしょう。仮に乾燥をしてしたから新しい肌ができていても、むやみに触るのは避けた方が良いです。まだ、その肌が出来上がっていないことが多く場合によっては傷つけて血が大量に出てくることもありますので注意しましょう。

}PgžxQ
このように乾燥やかゆみはできるだけ皮膚を傷つけずにするようにしてください。そうしないと更に悪くなりますので注意をしましょう。

コメントは受け付けていません。